2010/04/26

AutoHotKeyもの3点

本日の成果:AutoHotKeyもの3点

  前に書いたエントリで導入したAutoHotKeyで、いろいろと細かい機能を作って使っているのですが、その中でもそこそこ他の人も使える可能性がありそうなものを単体のexeファイルにしてみたので公開するよ。とても小粒なのでわざわざSourceForgeとかにプロジェクト申請する気にならない・・・。(^_^;

  その1 「IMENotifier」

  IMEのON/OFFが切り替わるたびに、画面中央に短時間、小さなウィンドウを表示して、オンになったこと/オフになったことを都度知らせます。

IMENotifierの動作イメージ

GetSpecialFolderPath.bat を作った

本日の成果:GetSpecialFolderPath.bat を作った

  私はWindowsのコマンドプロンプトのバッチファイルをかなりヘビーに使い倒してる方だと思います。バッチファイルは私はMSX-DOSの頃から使ってました。MSX-DOSでは単に順番にコマンドを実行する(たまに一時停止する)くらいの機能しかないのですが、MS-DOSでは環境変数やERRORLEVELを使った制御もでき、Windows NTからはcommand.comでなくcmd.exeになってまた大幅に拡張され、その後Windowsのバージョンアップに伴って少しづつ機能が増えたり仕様変更されたりしているようです。
  ただ、そういう屋上屋の歴史の結果として例によって仕様が破綻してまして、やや複雑なことをやろうとすると仕様なのかバグなのか判らない謎の挙動を示したりします。個人的にはバッチファイルはかなり上手く行っていない方ではないかと、ややこしいバッチファイルを作る度に思います。UNIXと違ってプログラムのパラメータは1個の文字列として渡されるだけで、切り分けはプログラム側で行わなければならない、ということがさらに話をややこしくしていると思います。
  まぁその辺も踏まえて出してきたのがWindows Script HostとかWindows PowerShellだと思うんですが、それらは古い環境だと入ってなかったりするんですよね・・・。

  話が逸れました。バッチファイルを作る話でした。バッチファイル内では環境変数でWindowsのシステムディレクトリとかProgram Filesとかの位置を知ることができますが、その類の全部環境変数に入ってるわけではないので、例えばスタートメニューやSendToの位置は判らないのです。そして悪いことにそれらの位置はWindowsのバージョンによって異なるうえに、その手のツールを使えば任意のフォルダに設定できたりするので、バッチファイルからそれらをアクセスしようとすると、本来やりたい処理よりも操作する先のディレクトリを決めることの方が大変なくらいでした。
  しょうがないのでその辺を楽にするバッチファイルを作りました。バッチファイルなのでWindows 2000以降ぐらいなら多分どこでも動きます! しかし、中身は実はRubyスクリプトなので、パスの通ったディレクトリにruby.exeが必要です!! (ダメじゃん)

2010/04/25

ZumoDrive をやめて Dropbox にした

本日の成果:ZumoDrive をやめて Dropbox にした

  複数マシンで同期を取るストレージサービスとして、私はこれまでZumoDriveを使っていたのですが、あまり有効に使えていませんでした。というのは、私のニーズとこのサービスの特徴があまりマッチしていなかったということだと思うのですが、ZumoDriveが作成した仮想ドライブは、その中のファイルを読み書きしようとしたときに初めてクラウドから取ってくる(その際キャッシュにあれば再利用する)という仕組みなので、レスポンスが遅く、しかもその時にネットに接続していないとダメということになるのです。もちろんこれは、全ファイルをPC上にキャッシュしておく必要がなく、実ドライブよりも大きな仮想ドライブを作成できるという、ZumoDriveの利点の裏返しなので原理上当然なのですが。その他、なんだか書き込んでから他のマシンに反映されるまでの時間が長く感じました。
  そこでZumoDriveをやめて、Dropboxを使うことにしました。DropboxはZumoDriveと逆に、全ファイルをあらかじめ常に最新の状態に保っておくようにしている代わりに、その分それらファイルの容量を各マシンでまるまる消費します。これで単独のドライブにして固定のドライブ文字を割り当てられるとなお良かったのですが、最近はWindowsでも自分のホームディレクトリ以下に何でも置くのが主流なのね・・・。

WinMerge Portable 改造版 v1.03

本日の成果:WinMerge Portable 改造版 v1.03

  昨日、普段使わない環境で、私が改造して公開しているところのWinMerge Portable 改造版を起動したところ、起動時のスプラッシュスクリーンを非表示にしていた筈なのに表示され、しかもそれが消えない(笑)という現象に遭遇しました。これまでそのようなことはなかったので、何が原因なのか判らないのですが、とりあえず対策を施して新版をリリースしました。

DCエミュ試した

本日の成果:DCエミュ試した


  フォォォォ斑鳩が! 斑鳩が!!

  ほぼ実機なみの速度で動いたんですが微妙に音と画面がズレる。やっぱりまだ実機のほうがいいな・・・。

マウスを細線化した

本日の成果:マウスを細線化した

  乱暴に扱われることも多いでしょうし、メーカーとしては仕方のないことなんでしょうが、マウスとキーボードのケーブルはみんな太すぎる。そしてゴツすぎる。
  特にマウス。マウスって手で持ってそれ自体を動かして操作するものだというのに、ケーブルがゴツすぎる。本体の形とか手触りとかにこだわったマウスはいろいろありますが、ケーブルにももうすこしこだわってほしい。いや強度を上げろと言っとるのではない! やめてー!!
  マウスのケーブルは、サイズの大きな高級機よりも、小さな安いマウスのほうが、細くてしなやかなケーブルを使っていることが多いようです。確かに大きいマウスのほうが、引っ張って振り回したりなんかされたときにかかる力も大きいのでしょうけれど、それにしても直径で2倍も太いケーブルにする必要はあるのかしらん。
  というわけでお気に入りのマウスと、ケーブルの細い安物マウスを買ってきて、移植手術をすることにしました。

AutoHotKeyでポインタ跳び防止した

本日の成果:AutoHotKeyでポインタ跳び防止した

  会社のPCに、自前のキーボードとマウスを繋いで使っています。情報漏洩防止の観点からは問題ないと思いたい(笑)。ところでこのマウスが、ポインタがたまににピョと飛ぶのです。常に正確に右に512ドット飛ぶのです。故障しているのではないかとも思われますが(ていうか多分そう)、めんどくさいのでそのまま使ってました。大抵は忘れた頃にピョと飛ぶ程度なので。
  でも最近、たまに機嫌が悪いとおそろしい頻度で飛びまくるようになってきたのです。それも仕事が忙しいときほど飛びまくりモードが発動しやすいような気がする(多分気のせい)。作業のリミットが近づいて焦っているときにピョピョピョピョとポインタが飛んで、うっかり違うところをクリックしてしまったりすると、温厚な私でもだんだん怒りがこみあげてきます。ムキー!!

新プリンタ買った

本日の成果:新プリンタ買った

  私はプライベートでは、紙に印刷したいというニーズはほとんどないのです。なので、むかーしエプソンのPC98互換機を使ってた当時の、24ドット熱転写プリンタ以来、プリンタは所有していませんでした。その頃は、まだリストや文書は紙に印刷して読むものだと思っていたのです。用紙やリボンが貴重品だったので、なるべく用紙を節約するためのツールをかなり気合を入れて作ったりもしておりました・・・。
  しかしこのたび、妻のプリンタがインク切れになったのを契機にどーんと無線LAN内蔵の奴を買いました。スキャナ機能もついてる奴。
  最近のプリンタはすごいな、160だか180だかDPIだった当時とはえらい違いだ。インクカートリッジなんかオンラインで注文できるし。HTTPサーバも動いてて、ブラウザからスキャンできたりするし。印字速度もなんだか2~3行いっぺんに印刷してるとしか思えないほど速いよ。

HP B109N

2010/04/24

むかしのブックマークを整理した

本日の成果:むかしのブックマークを整理した

  5年ぐらい前のブックマークフォルダを発見したので、Deliciousにマージしたよ。いろいろと、もう繋がらなくなっているサイトがあって、時代の流れを感じるなぁ。友達の昔の掲示板とか。今ではほとんど名前を聞かなくなったチップセットのメーカーとか。

Firefox Portable入れた

本日の成果:Firefox Portable入れた

※画面は掲載時点のもので、文章執筆時の状態とは異なります

  ブラウザのポータブル版を試してみようと、とりあえず3.6が出たばかりで区切りがいいFirefox Portableを試してみました。ちなみに他にもポータブルを謳うブラウザはOpera@USBGoogle Chrome Portableなど、いろいろあるようです。
  結論としては、もうコレをメインで使ってます。入れたプラグインは、ツリー型タブCoral IE TabDelicious Bookmarksぐらいかな。マウスジェスチャーはかざぐるマウスの機能を使っています。Deliciousプラグインは素晴らしい。標準のブックマーク機能は使わなくなりました。ローカルにキャッシュされてるので待たされることもなく、検索ボックスに数文字キーワードを打つとヒットするタグとブックマークが一覧表示されるので、そこから選ぶだけ。標準だとそのとき開いてるタブに開いてしまうので、ちょっと改造して、常に新しいタブで開くようにして使ってます。
  それにしても、いろいろ見てると他にも便利そうなプラグインが、探せば探すほど見つかって、プラグインの海に溺れそうです・・・。

AutoHotKey入れた

本日の成果:AutoHotKey入れた

  ファンクションキーは必要な私ですが、[F1]キーだけはむしろ邪魔。むしろ普段はどこかにしまっておいて、使いたいときだけ引っ張り出してくるようにしたいくらい。例えばファイル名を変更しようとして[F2]を押そうとした指がすべって間違って[F1]を押してしまったその瞬間。PCったら大喜びでディスクをアクセスし始めて、しばしの間ののち「はいヘルプ! いわれた通りにしたよ! えっへんボク偉いでしょ!」とばかりに現れるヘルプ画面の憎たらしいこと。うるさいさっさと消えろ! 元のウィンドウにフォーカスを返せ! 大体Windowsのヘルプなんて、役に立ったためしがないくせに!

ハンダゴテを新調した

本日の成果:ハンダゴテを新調した


  中学生のときに技術の授業で自作(!)したハンダゴテ(写真上)を20年ほども愛用していたのですが、先日、融点の高い鉛フリーはんだ相手に無謀な戦いを挑んで酷い目に遭ったので、温調つきの奴(写真下)を衝動買いしてきました。
  ああ、早く何かハンダ付けしたい・・・(あほ)